グリーンコンシェルジュのときどき日記

ベランダガーデニングを中心にグリーンの成長やアレンジについて紹介していきます。 また、ときどき育児・産後の体型改善などについても思いつくままに紹介します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




-----
最後までお読みいただきありがとうございました!


ブログランキング「ベランダガーデン」に参加しています。
良かったら1クリック! お一つお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いのちと誕生のはなし 

070627_1838~0002.jpg
070627_1847~0001.jpg
070629_1326~0001.jpg

今日は毎週金曜日に通っている子育て講座へ行ってきました。
テーマは

「親から伝えるいのち誕生のはなし」

まずは自己紹介がてらに、ママさんみんなにお産体験談を聞きました。

本当にママの数だけドラマがありました。

不妊治療の末にやっと授かったママや、子宮筋腫をかかえての出産。
切迫流産でマタニティライフのほとんどを病院で過ごしたママや、さまざまな理由で帝王切開での出産の方も多かったです。

帝王切開は決して悪いことや恥じることではなく、必要なことなのだと講師の先生(バースコーディネーター:永野清歌先生)は教えてくれました。

私は自然分娩でしたが、帝王切開を経験しているママが、そんな気持ちを抱えていたり悩んでいたりするなんて思っていなかったので、正直びっくりしたというか、鈍感だったなぁと反省しました。
そういえば、知人でも子どもに対して
「体力がないママでごめんね。」
という思いをブログで打ち明けていました。


子どもには、「赤ちゃんがどこから来たのか」と問われた時に、年齢に合ったキレイな言葉で正しく教えてあげることが大切だそうです。
キレイな言葉。
決して『穴』とか『股』とかいう表現を使わないように。
例えば『いのちの道』という表現を使うそうです。

美しいですねぇ。


赤ちゃん誕生のビデオも見ました。
涙があふれてしまいました…。

最近、この手の本見ますが、赤ちゃんがママを選んで生まれてきたと言うのは本当みたいで、空から見て決めているそうです。
で、その前に赤ちゃん自身が健康で生まれるのか病気を持って生まれるのかも決める、と。
面白いですよね。

子どもが選んでやってくるのだから、ママにとって子どもは最大の理解者なんだそうです。
すごいことです。
普通、逆だと思いますよね。
少し前の講座で、子どもに対して謙虚であること。と教えてもらいましたが、何か通じるものを感じました。


さて、私の最大の理解者は…

ただいま食べることに夢中…

スポンサーサイト




-----
最後までお読みいただきありがとうございました!


ブログランキング「ベランダガーデン」に参加しています。
良かったら1クリック! お一つお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
[ 2007/06/30 00:02 ] 育児 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2007/07/01 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
訪問ありがとうございます
自己紹介

maysan162480

Author:maysan162480
某園芸学校卒業
コンテナガーデニングマスター
園芸装飾技能士2級

現在はグリーンコンシェルジュとして起業準備中!


フルマラソン 4時間13分


時間があれば娘の編み物をたまに。


※ブログに関係のないコメントは削除させていただいております。

今月のマラソン練習

ブロとも申請フォーム
あし@


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。